垂れ気味の巨乳を揺らす美人妻

新潟市で待ち合わせをする色っぽい人妻セフレは、
30代前半のカワイイ系。
スタイルは理屈抜きで興奮度を高め、透き通るほど白い美白肌は清潔感溢れ、ずっと触っていたくなるほどの手触り!
アダルトSHOPでバイブを買った後、

新潟市でご飯を食べて、ラブホに行った時、

ホントあっという間にイッちゃう!!
感じまくると全身どこでも性感帯って感じ。
膣の奥がポイントでここを上手く責めれば布団は大洪水になるでしょう。
我が愚息も我慢の限界になり気持ち良くたっぷり放出^^。
セクシーな反応と女性らしい甘い匂いに夢中で吸いつきます。
セフレの反応に堪らなくなり、ここでコンドームをつけて、対面騎乗位、騎乗位、正常位と体位を変えて、最後は正常位で発射。

新潟県高野連の球数制限に再考を求める 日本高野連

大阪市内で開かれた日本高野連の理事会で、新潟県高野連が打ち出した「公式戦におけるピッチャーの球数制限」について議論がありました。県高野連は去年12月に、春の公式戦限定で1試合の投球数の上限を100球とする方針を打ち出していました。球数制限は投手のケガ予防や複数の投手を育成することでより多くの選手に活躍の機会を広げる狙いがあります。日本高野連は県高野連の提案について「一石を投じたことは重く受け止める」とし、今後有識者会議を立ち上げ議論していくとしています。しかし投手の球数制限について、新潟県高野連に、再考を求めることを決めました。県高野連は、「日本高野連の報告内容を検討して今後の対応を検討したい」と話しています。